VODをもっと身近に!

動画配信サービスなら自宅にいながら全てが完結する

動画配信サービスなら
レンタルDVDを借りていても返却を忘れると延滞料金が掛かってしまい、勿体無い経験をしたことがある人も多いでしょう。

動画配信サービスならば、いつでも好きな時に視聴して返却不要な点が嬉しいです。では、複数ある動画配信サービスはどのような違いがあるのでしょうか。

動画配信サービスは見放題サービスが基本

動画配信サービスは、TV番組の見逃し配信と映画やドラマといった動画配信の両方を兼ね備えたサービスが多くなっています。

背景として、TV番組を録画する環境が地デジ化以降コピー10仕様によりダビング制限があるので、思い切ってテレビ自体を持たなくなった世帯が少なくありません。

光回線が広く普及したことから、自宅にブロードバンド回線を引き込みしている環境が整っているため、動画配信サービスを快適に視聴出来る素地が既に出来上がっています。

動画配信サービスに月額料金制が多いことは、いつでも好きなタイミングで見放題指定されている動画を好きなだけ見られるという環境が支持されているからです。

動画配信 見放題で検索

最新作のみ一部1本単位のレンタルになる

全ての動画コンテンツを見放題とするためには、U-NEXTのように月額2,000円前後の料金体系が必要になります。

1,000円前後の視聴料金で見放題サービスを提供するためには、見放題動画以外に1本単位でその都度視聴料金を払うタイプの1本単位レンタルが必要です。

最新作のみ一定期間だけ見放題動画から外して1本単位のレンタルとすれば、どうしてもすぐに視聴したい人だけが個別購入してくれます。

返却不要という点が最も経済的

動画配信サービスならば、レンタルDVDとは異なり天候が突然悪化してもビデオ店まで返却に急ぐ必要がありません。延滞料金が発生することが無いので、経済的に利用出来るメリットがあります。

また、レンタルDVDには人気作品ほど貸出中という問題点が発生しますが、動画配信サービスならばいつでも貸出中で視聴できないという問題点は発生しません。

複数のメディアで視聴出来るタイプに人気が集まっている

競争が激しさを増す動画配信サービスは、かつてはパソコン視聴のみ出来れば良かったです。

しかし、近年はスマートフォンが急速に普及した上に、特定の動画配信サービスについてのみデータ通信量カウント除外とするサービスが登場しています。

データ通信容量が不足するから動画閲覧を自粛していた人にとって、一部携帯電話会社が特定動画配信サービスの視聴について無制限でデータ通信出来るサービスを提供したからこそ、パソコンだけでなくスマートフォンでの視聴も期待が高まっています。

同時に2台の端末で別々のコンテンツ視聴が出来る動画配信サービスが人気となっていることは、ニーズの高まりをいち早く捉えてサービス内容に追加した結果です。

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén