ファッションについて

日本人の体型を補うファッション!メンズ編

日本人体型補う

日本人の体型はやはり欧米人に比べると、頭が大きく、足も短く所謂寸胴である事が多いと思います。
読者モデルとしての活動をしていた事もありファッション業界で体型に悩んでる方々は沢山見てきました。その中でいかにどう「そう見せないようにするか」という方法があります。

もし世の中に自分一人しか居ないとしたら「身長が低い、顔がデカイ、足が短い…」そんな悩みなんて持つことはありません。基本的に身体的なコンプレックスは他者との対比になります。しかし、そう産まれてしまった部分で変えられない部分もあります。
で、あれば対比物をどう利用するかと言う事になります。

例えば顔が大きいと言われる日本人であれば本来であれば襟付きのシャツは厳禁です。
襟は顔に最も近い場所にある対比物になりますので顔の大きさを際立たせるモノになります。
顔の大きさにコンプレックスがあるのであればVネックや襟元の大きく空いたカットソー等が理想です。

どうしても襟付きのモノが着たいのであれば開襟シャツや襟が大きいモノを選ぶ事でかなりイメージを変える事ができます。
大事なのは実際どうかではなくどう見せるかなのです。

足の長さという点に置いては実はクロップドパンツなんかも非常に危険モノになります。実はクロップドパンツは細身のモノを選ばないと足を非常に短くみせてしまいます。シンプルでオシャレ感が増すと思っている方も多いのですが非常に危険です。

実際にスキニーを履いた時の印象と比べられたらわかります。
そもそも骨格的にも欧米人に比べて締まりのない身体になりがちな日本人は中途半端な太さや丈を選ぶのは避けないといけません。シンプルで妥当ではなくこれはただのダサいになってしまいます。
これも対比物の効果と同じなのですが、そもそも華のある欧米人に比べ日本人は地味です。

これは悪い事ではありません。
その中で中途半端なモノを選ぶと全てが中途半端になります。ですのでスキニーなら細いものシャツなら大きいモノを選ぶことで体型を隠す事は出来ます。
それでもスタイルのよい人間と共にいればコンプレックスは感じるでしょうが、他人は意外と人をみるときはその人をみてるものですので、自分がうまく服を着こなしていれば大丈夫です。
対比感を考えていればかなり体型のカバーになりますよ。
今ドキ男子の暮らし活用術~thedieshaveit~

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén